So-net無料ブログ作成
デジタル一眼レフカメラ【D90】の特徴 ブログトップ

ニコンD90の特徴② [デジタル一眼レフカメラ【D90】の特徴]

ニコンD90の特徴②:


デジタル一眼レフカメラ【D90】の特徴の中で絶対に外せないのが、
撮影する被写体を見た目にできるだけ近い明るさで再現する
アクティブD-ライティング」です。



「アクティブD-ライティング」では、
たとえば日中などで、暗い明るいの差が大きい被写体を撮るときでも
白色がとんてみたり黒色がつぶれたりの両方を抑えながら

撮影時にちょうど良い最適なコントラストを維持しつつ、
見た目にできるだけ近い明るさや色合いで再現する画質処理とすることを言います。



ニコンD90(D90 AF-S DX 18-105 VRレンズキット)では、
この色合いを強調したいと思った時に効果が引き出せる
「より強め」の設定機能を新たに追加しています。



さらに、ブラケティング機能を採用したことで、
アクティブD-ライティングの「あり」と「なし」の
2枚の撮影を連続して行うことができるようになりました。



>> ニコン【D90】アクティブD-ライティングの詳細はコチラ
    ↓  ↓







 
 

ニコンD90の特徴① [デジタル一眼レフカメラ【D90】の特徴]

ニコンD90の特徴①:


デジタル一眼レフカメラ【D90】にはニコン独自のコンセプトが踏襲されています。
それが、歴代ニコン一眼カメラ全ての画像処理コンセプトとなる「EXPEED(エクスピード)」です。



EXPEED(エクスピード)とは、「画像処理」と「画(え)作り」に対する
ニコンのテクノロジーやノウハウはもちろん、思想までも集大成したもので、
独自に創り上げた画像処理システムのことを言います。



もちろん、ニコン「D90」にも
このコンセプトは脈々と受け継がれています。



高感度、高画質、高精細で求められるノイズの低減技術
液晶モニターで被写体を確認しながら撮影している時のアクティブD-ライティング
撮像素子の映像をもとにピントレンズを使って明暗差を調整するコントラストAFの大幅な高速化、
画像の周辺部分に発生する色にじみを軽減する倍率色収差軽減などがそうです。



>> 独自の画像処理システムを持つニコン【D90】の詳細はコチラ
    ↓  ↓






 
 

デジタル一眼レフカメラ【D90】の特徴 ブログトップ
FX用語集 結納用品の基本は9品目

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。