So-net無料ブログ作成
検索選択

ニコンD90の特徴② [デジタル一眼レフカメラ【D90】の特徴]

ニコンD90の特徴②:


デジタル一眼レフカメラ【D90】の特徴の中で絶対に外せないのが、
撮影する被写体を見た目にできるだけ近い明るさで再現する
アクティブD-ライティング」です。



「アクティブD-ライティング」では、
たとえば日中などで、暗い明るいの差が大きい被写体を撮るときでも
白色がとんてみたり黒色がつぶれたりの両方を抑えながら

撮影時にちょうど良い最適なコントラストを維持しつつ、
見た目にできるだけ近い明るさや色合いで再現する画質処理とすることを言います。



ニコンD90(D90 AF-S DX 18-105 VRレンズキット)では、
この色合いを強調したいと思った時に効果が引き出せる
「より強め」の設定機能を新たに追加しています。



さらに、ブラケティング機能を採用したことで、
アクティブD-ライティングの「あり」と「なし」の
2枚の撮影を連続して行うことができるようになりました。



>> ニコン【D90】アクティブD-ライティングの詳細はコチラ
    ↓  ↓







 
 

D90 AF-S DX 18-105 VRレンズキットの口コミ評判④ [ニコンD90【D90LK18-105】感想]

D90 AF-S DX 18-105 VRレンズキットの口コミ評判④:


一眼カメラは全くの初心者なのですが
父から一眼レンズを譲ってもらったので購入しました。
もう、最高ですね!



まず実感したのが、
今までのカメラと比較して「なんでこんなにも違うのか!」というくらい
その差が歴然としたことでした!



デジタル一眼レフカメラ【D90】は中堅クラスと聞いてましたので
初心者の私が購入するのはどうかと思ってましたが、
今では使ってみてそんなことは全くないと思います。



本当言うと、
今の私には十分過ぎるカメラです!
D90の持っている本来の性能を使い切れていません。


しかし、
もっと腕を磨いて、このD90を使いこなしたいと思ってます!
買って損はないカメラだといえますね!



>> 素人でも綺麗に撮れるニコン【D90】の詳細はコチラ
    ↓  ↓







 
 

D90 AF-S DX 18-105 VRレンズキットの口コミ評判③ [ニコンD90【D90LK18-105】感想]

D90 AF-S DX 18-105 VRレンズキットの口コミ評判③:



デジタル一眼カメラは初めて購入しました。
きっかけは、子供の運動会のためにVRレンズキットを購入しました。
本番前にテストを兼ねて、週末のディズニーランドで撮影会をしました。



まず、AFフォーカスの速さはすごいものがありますね
動き回る子供を撮りましたが、失敗した写真がほとんどないです!



フラッシュが焚けない場所でも、いろいろ撮影してみましたが
ビックリするくらいにしっかり写っています。
この辺が、ようあるコンパクトカメラと大きく違いますね。


夜景モードにしてシンデレラ城をバックに撮影したらビックリでした!
人物もお城も本当に綺麗に写れていて、大満足でした!



一眼レフカメラなので重さはどうなんだろうと気になっていましたが
疲れることなく、全く苦になりませんでした!
写真が綺麗に撮れるのが嬉しくて、予定していた以上にたくさん撮ってしまいました。



はっきり言うと、予算はオーバーしてました!
でも!これほどまでに綺麗に撮れるなら大満足です!



>> 綺麗な写真がどんどん撮れる【D90】の詳細はコチラ
    ↓  ↓







 
 

デジタル一眼レフカメラ【D90】の高感度高画質について [D90 AF-S DX 18-105 VRレンズ]

デジタル一眼レフカメラ【D90】は、高感度ISO「3200」まで対応しています。
ISO「3200」まででも優れたノイズ低減を実現しています。



ニコンD91における撮像感度域は、
ISO「200」からISO「3200」までと、かなり幅広く対応しています。
そこで、ISO「800」からは「高感度ノイズ低減機能」が作動してくれます。



このノイズ低減機能によって
暗部ノイズや色ノイズ、色にじみをかなりの部分抑えてくれるので、
例えば、スポーツシーンや暗い場所の撮影でも安心して行えます。



高感度ISOのISO「200」から「3200」まで使い分けでは
「手ぶれ」が出始めることと「ゲインノイズ」度合いの間で矛盾がありますが

全て「高感度ノイズ低減機能」に任せてしまえば良いわけです。



>> ニコン【D90】高感度ISOの詳細はコチラ
    ↓  ↓







 
 

ニコンD90の特徴① [デジタル一眼レフカメラ【D90】の特徴]

ニコンD90の特徴①:


デジタル一眼レフカメラ【D90】にはニコン独自のコンセプトが踏襲されています。
それが、歴代ニコン一眼カメラ全ての画像処理コンセプトとなる「EXPEED(エクスピード)」です。



EXPEED(エクスピード)とは、「画像処理」と「画(え)作り」に対する
ニコンのテクノロジーノウハウはもちろん、思想までも集大成したもので、
独自に創り上げた画像処理システムのことを言います。



もちろん、ニコン「D90」にも
このコンセプトは脈々と受け継がれています。



高感度、高画質、高精細で求められるノイズの低減技術
液晶モニターで被写体を確認しながら撮影している時のアクティブD-ライティング
撮像素子の映像をもとにピントレンズを使って明暗差を調整するコントラストAFの大幅な高速化、
画像の周辺部分に発生する色にじみを軽減する倍率色収差軽減などがそうです。



>> 独自の画像処理システムを持つニコン【D90】の詳細はコチラ
    ↓  ↓






 
 

D90 AF-S DX 18-105 VRレンズキットの口コミ評判② [ニコンD90【D90LK18-105】感想]

D90 AF-S DX 18-105 VRレンズキットの口コミ評判②:


ニコンD90【D90LK18-105】
「さすが!ニコン!」といえる一眼カメラです!

使ってみて感じたところを
ピックアップして紹介してみます。



レンズキット
1000万画素を超えるので画質には満足です。
それから、標準のズームレンズでは、EDレンズと手ぶれ補正のVRもあるのでOKです。
レンズでちっちゃくなくていい大きさです。



画質
ニッコール50mm F1.4が10年以上使ってなかったので、
早速、D90に付けて1枚家族写真を撮ってみました。
撮ってすぐにモニターで確認、すると「めちゃくちゃすごい」ですね!
やはり一眼と単焦点を組み合わせしたのはこれ程までに違うのかと実感しました。



ニコンのカメラ
やっぱりニコンのカメラはストロボの調光が抜群で写りがとてもいいですね!
プラスチックのボディであっても安っぽくないです。
上位機種ではマグネシウムボディだったりしますが、やはり重すぎだと思います。
やっぱり撮影時の機動力を優先したいですね。持ち歩いていても楽です!



昔のレンズがそのままになっているニコンユーザーの方々には
このデジタル一眼レフカメラ【D90】は絶対にお勧めできます
使うほどに目からウロコが落ちる発見がたくさんあります。



>> デジタル一眼レフカメラ【D90】の詳細はコチラ
    ↓  ↓







 
 

D90 AF-S DX 18-105 VRレンズキットの口コミ評判① [ニコンD90【D90LK18-105】感想]

D90 AF-S DX 18-105 VRレンズキットの口コミ評判①:


ニコンD70から買換えをするために
D90【D90LK18-105】のボディだけを購入しました。



手にしてみてボディサイズの小ささに驚きでした!
ニコンD90【D90LK18-105】はD70に比べると本当にコンパクトです
やはり、コンパクトな分、機動性がよく使い易いですね。

それから、
背面の液晶サイズがとても見やすいです。
液晶の美しさについても納得できますね!



特に初心者にとっては「適当に写しても綺麗に撮影できる」
カメラとしてのもっとも基本的な性能といえます。

これは初心者だけでなく、上級者でも大きなメリットだと思います!
デジタル一眼レフカメラ【D90】はそんなニーズを十分に持っていますね

たぶん、D70を永く使い続けている方にとっては
D90に買換えたとしても最高の1台になるのではないでしょうか。



>> 適当に撮っても綺麗に写る【D90】の詳細はコチラ
    ↓  ↓







 
 

デジタル一眼レフカメラ【D90】の高画質とダストリダクション [D90 AF-S DX 18-105 VRレンズ]

デジタル一眼レフカメラ【D90】が高画質を維持できるのは
有効画素数CMOSセンサーによるものなんです。



デジタル一眼レフカメラ【D90】の有効画素数は12.3メガピクセルなので、
画像データとして出力される時に映し出される画素数としては十分だといえますね。



また、有効画素数に大いに関係する撮像素子には
高画質で高速な読み出しを可能にするニコンDXフォーマットCMOSセンサーが搭載されています



一昔前は、「CMOS」よりも「CCD」の画質がいいと言われてましたが
近年のデジカメの業界では、ほとんどその画質に違いがなくなっています。

ほとんど差がない画質よりも、「消費電力」や「高速処理」の違いで
「CMOS」の方が有利である事実もあるんです。



さて、高画質を支えるもう一つの機能があります。
それが「ニコンインテグレーテッドダストリダクションシステム」です。


低周波を良く通すローパスフィルターを4種類の周波数で振動させることで、
自然と付着してしまったゴミやホコリをふるい落としてくれる
イメージセンサークリーニング機能」を搭載しています。


当然ながら、ゴミやホコリが付着してたら、
どんなに高画質に撮影できたとしても、もともこもないですからね!



>> ニコンDXフォーマットCMOSセンサーの詳細はコチラ
    ↓  ↓







 
 

FX用語集 結納用品の基本は9品目

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。